東近江市エコツーリズム推進協議会が実施するエコツアー、第一弾が本日開催されました。

このイベントは、愛知川中流域で活動する川や魚のプロ「愛知川漁業協同組合/愛知川の清流を守る会」と、河辺いきものの森でこどもたちへの自然体験活動を行っているNPOの「遊林会」がコラボして実施しました。

場所は永源寺、愛知川支流の渋川。
始まる前は少し雨がぱらつきましたが、無事晴れてイベントをすることができました。

始めにスタッフの紹介と、今日一日の流れの説明を受けたら、さっそく川に入り、アユのつかみ取り。

DSC_6095

DSC_3613

目の前で、アユが群れになって泳いでいるので簡単につかまえられそうなのですが、追いかけるとすぐ逃げられてしまうのでなかなかつかめない!
中には追い込んでみたりサンダルを駆使しながらつかまえようとしている子も。

しばらく格闘するとコツもわかってきて、だんだんつかまえられるようになってきました。
DSC_3627

DSC_6090

もちろん、こどもだけでなく親御さんもアユつかみに挑戦
ぬるっとしたアユに触って悲鳴をあげながらもなんとかつかまえました!
DSC_6110
 
つかんだアユはすぐに、 食べるため、焼きにかかります!
が、ただ食べるだけではありません。
焼くために魚を串に刺すのも、今回の体験のひとつ。

DSC_6160

串の刺し方を教わり、実際に自分たちでアユに串を刺します。

DSC_6173

たった今まで元気に泳いでいたアユ。「いやや!見たくない!」という声も聞かれましたが、ほとんどの子どもたちが自分でやってみていました。今回体験したことはこどもたちの心にも強く残っただろうと思います。

串に刺したアユは清流会の方々にバトンタッチ炭火で焼いてもらいます。
DSC_6194

焼いている間には、今回遊ぶ川にいるいきものやアユのお話を聞きました。

DSC_3664

お話にも聞いた通りとびきりのおいしさの愛知川のアユ。頭からしっぽまで丸ごと食べている子もいました。

そして、次はお昼までの時間、魚釣りと引き続きアユつかみ、そして川たんけんの3つの体験メニューを行いました。

こちらは魚釣り。清流会の方に丁寧に教えてもらいアユの餌釣り。
DSC_6329

DSC_6245

釣れたー!2匹!
とてもよく釣れたようで、なんと、数えられただけで115匹。 
たった1時間くらいの時間でしたが天然のアユを次々と釣ることができました。

たんけんでは川を少し歩いて、いろいろないきものさがしをしました。
DSC_3693
 
DSC_3700
 
水槽をメガネにして泳いでる魚を見たり、石をひっくり返したりして 、ヨシノボリやアカザなどの魚やカワゲラやヘビトンボの幼虫、オタマジャクシやサワガニなどいろいろな生き物を捕まえることができました。

お昼にはじっくり焼いてもらったアユと、おにぎりを食べて、たんけんで捕まえてきたいきものを観察したりしました。

そして、お昼ごはんの後は自由時間で川に入って遊びました。
DSC_6364

DSC_3735

DSC_3723

冷たい川の中でバシャバシャしたり水鉄砲の掛け合いをしたりいきものつかみをしたり。
大人も子どももとっても楽しそうに 全身びしょびしょになりながら遊んでいる姿が見られました。

まだまだ遊びたい様子でしたがあっという間に時間が来てしまい、今回のイベントはおしまい。
今回遊び足りない分は、今日の楽しさが遠い思い出になってしまう前にまたぜひ遊びに来てくださいね。

さて、このエコツアー第一弾ですが、今回のさらに上流域編が来週にあります!
上流編は神崎川で7月22日(金)今回はアユでしたが、次はイワナやアマゴをつかんで食べます。
まだ空きがありますので良かったらご参加ください。
場所などくわしくはチラシ告知のブログからどうぞ!