秋の一日、奥永源寺の美しい山村風景と紅葉を楽しみながら、そんな小径を歩いてみませんか

開催日時:11月23日(祝)9:30~

 ※コースによって異なります。

 フットパスとは?
 フットパスとは、森林や田園地帯、古い街並みなどに地域に昔からあるありのままの風景を楽しみながら歩く小径のことです


 コース紹介
コース1  愛知川の恵み八風街道の豊かな水資源をめぐるコース
c3
 愛知川沿いに黄和田町、杠葉尾町を歩くコースで、八風街道沿いの歴史遺産を見たり、棚田風景や高度な水利用など自然の恵みを感じることができます。
 ●所要時間 約5時間(昼食・休憩時間を含む)
 ●集合場所 杠葉尾自治会館(東近江市杠葉尾町)※旧林業会館
 ●集合時間 9時30分 ●募集人員 15人(先着順)

コース2 政所茶と水辺が織りなす山里の暮らしを満喫するコース
c3
 愛知川と御池川に沿って政所町と蓼畑町を歩く橋の多いコースで、水に親しみ、政所茶の生産を生業としてきた山里の暮らしにも触れることができます。
 ●所要時間 約4時間30分(昼食・休憩時間を含む)
 ●集合場所 道の駅 奥永源寺渓流の里(東近江市蓼畑町)
 ●集合時間 10時00分 ●募集人員 15人(先着順)


コース3 御池川の清流と木地師のふるさとを訪ねるコース
c5
 御池川のせせらぎを聞きながら、蛭谷町と箕川町の2つの集落を結ぶコースで、木地師の歴史を学び、新しい木工技術にも触れながら歩きます。
 ●所要時間 約4時間30分(昼食・休憩時間を含む)
 ●集合場所 筒井ろくろ(東近江市蛭谷町)
 ●集合時間 10時00分
 ●募集人員 15人(先着順)


コース4 木地師の歴史を偲び、水に親しむ暮らしを体感するコース
c8
 木地師発祥の地・君ヶ畑町の寺社や現代の木工作家を訪ねるコースです。また、工夫を凝らした水利用施設など、暮らしと水の関係を学びながら歩きます。
木地師の歴史を偲び、水に親しむ暮らしを体感するコース
 ●所要時間 約4時間(昼食・休憩時間を含む)
 ●集合場所 鈴鹿10座天狗堂登山観光駐車場(東近江市君ヶ畑町)
 ●集合時間 10時00分
 ●募集人員 15人(先着順)

 参加申し込み
 本イベントでは、上記の4つのコースに分かれて歩きます。ご希望のコースを選んでいただき、申込書にコース番号を記入してください。コースによって所要時間、集合場所、集合時間が異なりますので、注意してください。
・申込み状況によってはご希望のコースにならない場合があります。
・参加申込みはメール、ファクシミリまたは電話で受け付けています。
・同行者がいる場合は、同行者欄に記入してください。
・参加決定後、代表者に詳細通知を送付します。
・参加費:3,500円(体験料・お土産代、食事代、保険料等)※コースによって内容は異なります。
・参加費は、開催当日、会場でお支払いください。
・参加申込み締め切り:11月12日(月)

主催:東近江市エコツーリズム推進協議会/龍谷大学里山学研究センター/みらいの環境を支える龍谷プロジェクト
参加費:3,500円(体験料・お土産代、食事代、保険料等)※コースによって内容は異なります。
参加申込み・問合せ先:東近江市エコツーリズム推進協議会(東近江市市民環境部森と水政策課)
TEL:0748-24-5524    ファクス:0748-24-5560
e-mail: morimizu@city.higashiomi.lg.jp

【フットパスイベントチラシ・申込書】
http://higashiomi-ecotourism.blog.jp/tirashiomote.pdf
http://higashiomi-ecotourism.blog.jp/tirashiura.pdf